よくある質問
 
同じ物件が何社かの不動産会社で広告されているのは何故ですか?

物件情報は不動産業者専用のインターネット(不動産流通機構)等で全ての不動産業者が共有しています。
そのため、広告掲載の承諾を得た上で複数の不動産業者が同じ物件の広告を出していることがあります。
ホームリンクのホームページには1物件あたり平均50枚以上の写真が掲載していますので、
より細かいところまでチェックできます。
 
物件選びの条件が定まらない。何から決めるといい?

よく「ライフスタイルにあわせて」などと言われますが、そんなに明確になっているお客様は稀です。
中古マンションを見にきて新築戸建てを購入されたり、その逆を選択されるお客様もいらっしゃいました。
実際に見てみないと定まらないものなら、一旦横に置き「資産価値の下がりにくい」住まい選びを
してみませんか? いくつかポイントはありますが、難しい話ではありません。
将来、「住宅ローン残高>実際に売れる価格」なんてことにならないよう、一つの考え方として
頭に入れておいても損はないですよ。
 
マンションか戸建てか迷い中。どういう基準で選んだらいい?

あくまで個人的な意見ですが、私はマンション派です。
駅からの距離や近くの利便施設、今のライフスタイルを考えるとマンションという選択が良いと考えています。
ただし、将来子供が増えたり、親と同居、なんてことになれば話は変わります。
その時には戸建てへの住み替えも考えなければなりません。つまるところ住む人の必要性によって
器(マンションか戸建てか)は変わります。その時々で必要な住まいを、必要に応じて考えてみる。
日本もそんな時代になってきていると思います。
 
マンションって何年で建て替えですか?

マンションの建て替え実績は、区分所有者の合意の形成の難しさなどもあり、2019年4月時点の累計で、
1万9200戸にとどまっております。
まだまだ近隣でも建て替え事例が少ないことから、はっきりと何年で建て替えとお答えできないのですが、
60〜70年という年数を聞くことがあります。
ただしマンションストックは約655万戸(2018年末時点)あり、このうち築40年超は約81万戸、10年後には
約198万戸にまで増加する見込みといわれ、日本の住宅もフロー型から、長く大切に使うストック型社会へ
向かっています。
 
気になった物件が居住中なのですが、見学できますか?

見学可能です。
居住者に日程調整してもらう必要がありますので、事前にお客様のご見学希望日時を2.3候補お知らせください。
 
中古を買ってリフォームしたい。どう進めるとうまくいく?

ポイントは 1)打合せの進め方 2)優良なリフォーム会社の選定 3)資金計画 です。
リフォームを行う際は、物件の購入意思決定時に、ある程度の青写真が必要になります。
この段階で費用/工期を把握する必要があり、不動産会社/リフォーム会社との打ち合わせをしっかり行う
必要があります。リフォーム会社によっては見積提出に時間がかかったり、お客様のイメージがうまく
伝わらないといった問題が起こる可能性があります。事前に大体のイメージを不動産会社と共有しましょう。
最後に資金面。リフォーム資金を住宅ローンと併せて利用する際は注意が必要です。
住宅ローンと同水準の金利で借りられるか、融資の実行はどのタイミングか、など確認しましょう。
住宅ローンの知識豊富な不動産会社に頼むと安心です。
 
同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?

もちろん大丈夫です。自分に合う不動産会社を探しましょう。
たまたま希望エリアの中古マンションが広告に入っていた、こんなきっかけで不動産会社に問合わせる方が
多いようです。そのまま購入まで進めば問題ありませんが、中にはどうも相性が合わないといったケースも
あるようです。何社か声をかけてみて、対応などから判断頂いても良いかと思います。
 
資料請求すると、どんな資料がもらえるの?

インターネットや紙面ではお伝えしきれない情報をお届けするように心がけています。
インターネットのおかげで家に居ながら物件の写真や周辺環境などが確認できるようになりました。
当社はその環境をフル活用し、画面を通して内覧頂けるよう心掛けています。
写真だけでは分からない、ともすればデメリットとなる情報もあわせて開示しています。
ご希望のお客様には周辺のハザード情報や管理会社への調査など、お調べできる限りの情報提供を行います。
 
ローンの相談にはのってもらえるの?

住宅ローンは長く利用するものですから失敗は許さません。
現在、各金融機関とも住宅ローンの獲得に力を入れています。住宅ローンと一口にいってもフラット35、
都市銀行の住宅ローン、地方銀行の特色ある住宅ローン、ノンバンクの不動産担保ローンなどさまざま。
金利も全期間固定型、変動金利型など、一般の方が選択するのは一苦労です。
商品情報や金利情報に詳しい、勉強を怠らない不動産会社を選ぶのがお得な住まい探しのコツです。
住宅ローンに不安のある方は「こんな条件でローン組める?」とお気軽にご相談ください。
 
いくら位の物件が買えるか分からない、相談にのってもらえる?

ご要望を踏まえ、現在のお家賃やローン支払い可能額から、長期的な視野に立ちご提案したします。
住まい探しとご予算は切っても切れない関係です。多くのお客様は住宅ローンを利用されるかと思いますが、
「住まいは住宅ローンを買う」と言われるほど重要な要素です。低金利の現在ならお支払が可能であっても、
金利の上昇局面では苦しくなる、そんな無理をしての住宅購入は本末転倒な結果となりかねません。
お子様の成長や定年退職など、お客様のライフプランを中心に無理のない計画を組む必要があります。
 
住宅ローンの審査はどうしたらいい?

当社にてお手伝いできますので、お客様ご自身で銀行へ行く必要はありません。
必要書類(身分証明書、健康保険証、源泉徴収票、印鑑など)をご案内いたしますのでご協力をお願いします。
 
ホームリンクではどんなサービスが受けられるの?

物件のご紹介、住宅ローンのお手伝い、リフォーム相談、ご入居後の相談など全てお手伝いいたします。
住まい選びは何かと大変で、特に初めてのお客様は手続きに戸惑われることも多くあります。
住まい購入には大きく分けて次の6つのステップがあります。
1)住まい探し 2)売買契約 3)住宅ローン申請・契約 4)お引渡し 5)(中古住宅の場合)リフォーム工事
6)ご入居後の各種相談 各ステップごとに多くの人が関わってきますので、窓口となる不動産会社が調整する
キーになります。ワンストップでお手伝いできる会社を選ぶことが成功への第一歩です。
 
得意エリアや、取扱いの多い物件の特徴を教えて

板橋区専門でお取扱いしております。「広く浅く」よりも「狭く広く」をモットーにしています。
地域を限定することにより新鮮な情報を、どこよりも早くお客様へお届けいたします。
中古マンションの取扱いが多く、専有面積30平米以上〜、2000万円〜4000万円台が多いかと思います。
中古マンションは板橋区内に1100棟を超えるストックがあり、1棟1棟現地に赴き、特徴を把握、過去の
販売事例もデータベースとして保有しています。中古マンションのご相談には絶対の自信をもっています。
 
希望条件を伝えたら、物件を探してくれるの?

お客様のライフスタイル、ライフプランに合わせて最適なご提案をいたします。
ご要望は何なりと仰ってください。
ご夫婦だけの世帯、ファミリー世帯など、ご要望はご家族ごと違います。
そのご要望を受けてご提案することになりますが、初めに伺ったご要望にこだわりすぎると、本当にピッタリの
ご提案が難しくなることもあります。実際にお住まいをご覧頂く中で、ご要望が変わっていくこともしばしば。
当社では住まいに関する情報提供に徹し、お客様とお付き合いさせて頂く中で、適宜微調整し、いつでも最適な
ご提案ができるように心がけています。ご希望される方にはメールにて新着情報を髄時お送りしております。
 
 

 
STAFF
 
 
会社概要
■住所 板橋区上板橋1-1-1   
■TEL 03-5922-3310
■E-mailお問合せ
 info@homelink-tokyo.com
ホームリンクは、「人・住まい・地域をつなぐ」をコンセプトに、板橋区を中心に活動しています。お客様のライフスタイルに合わせた資産価値の下がらないお住まいのご提案を致します。
 
お客様の声
当社でご契約頂いたお客様とのご契約に至るまでのエピソードをご紹介致します。 
 
住宅ローンやお金の話、耐震・構造やリノベーションの話など。住まい探しに役立つWEBマガジンです。 
 
このページの先頭へ