知っておきたい不動産売却の流れ

はじめての不動産売却も安心。専門家がわかりやすく解説します。

これまでのたくさんの思い出が詰まったこのマイホームの売却。

その思いを大切にホームリンクが次の方へと引き継ぎます。

 

そのお住まいでは何年の時を過ごされましたか?
家族との時間・子供の成長・ペットとの暮らしなど、その時間が長ければ長い程、住まいに対する思い入れが強くなり、手放すのは寂しいものです。
この家を買ったときのことが昨日の事のように蘇ってきますね。 
     
  そして今度の売却は、買った時とは正反対の立場となります。
はじめて不動産売却をされる方にとっては不安や分からないことも多いものです。
     
 ●まずは何する?とりあえず査定依頼?
 ●いつまで住んでいられるの?
 ●ローンがまだ残っているけど売れるのかな。
     
まずは、不動産売却の第一歩として、準備から売却方法、明け渡しに至るまで流れを知っておきましょう。
  

Step1 不動産会社探しからの売却相談

不動産の売却は、不動産会社への相談・お問い合わせが第一歩。ではありません!

まずは、信頼できる不動産会社・信頼できる担当者を探しましょう。

不動産会社には、大手で有名な不動産各社、昔から駅前に店舗を構えて長年やっている不動産屋、少数精鋭で日々走り回っている不動産会社など、色々なタイプの会社があります。

そんなにたくさんの会社の中からどこがいいかを選ぶのは大変と思うかもしれませんが、その通りです。100の中から一番よい1を選ぶのは大変ですが、お客様と不動産会社との出会いもご縁です。名前を知っていたり、知人に紹介してもらったり、検索していたらたまたま引っかかったり。

今はインターネットで情報が得られる時代です。各社のホームページでどんな会社かどんな担当者がいるか調べたり、GoogleやSUUMOなどではクチコミ・レビュー・接客コメントなどの評価もチェックできますので、それらを参考に相談する不動産会社を探すとよいでしょう。

 

不動産には、”新婚生活を始めた住まい””子供が生まれて毎日の成長を見てきた場所””小さいころから長年住んでいた実家””転勤でなかなか自分で住めなくて貸していた不動産”など様々な思い入れがあります。

しかしそんな思いとは裏腹に、不動産会社側では「10件の売却依頼のうちの1件」「今月契約するターゲットとして」など不動産会社の都合で扱われてしまうかもしれません。

一生懸命に売却活動をしてくれているのか不安になったり、月末に急に大幅な値引き交渉の話を持ち掛けられたりすることもあります。専門家に強く迫られて本心を言えなくなってしまうことも想像できますね。

何でもそうですが、やはり信頼できる会社であり思いを伝えられる担当者へ相談することがとても大切です。

ホームリンクでは、ご相談者様のご状況や不動産に対する思いをお受けして、同じ思いの元でお手伝いさせて頂きます。
まずは「お問合せフォーム」または「お電話」にて、ご相談からお問い合せください。

 

 

 当社ホームリンクで売却をお手伝いした方々の口コミはこちら

 

 

 

 


Step2 ヒアリング・不動産の調査・価格査定

ご売却のご意向や希望条件などをお聞かせ頂くと共に、実際の不動産の現地を確認・調査いたします。

土地の状況や周辺環境、建物のコンディションなどをチェックします。また土地や一戸建てで特に重要となる都市計画法・建築基準法など各種法律による制限や、マンションにおいては共用部分などの管理状況なども確認します。

さらに、過去の取引事例や周辺および近似条件で現在売りに出ていて競合となりそうな物件状況を踏まえて、お客様の不動産における売却価格査定をご提示します。

特に、当社周辺の板橋区、練馬区、北区、埼玉県和光市のマンションにおいては、2015年の会社設立から日々地道に売り物件一つひとつに足を運んだものが豊富なデータとなってきました。不動産業者専用ネットワーク「レインズ」に登録のない事例も取り揃え、制度の高い価格査定を行います。


Step3 資金シミュレーション・売却条件の検討

不動産を売却する際には、仲介手数料や登記費用、収入印紙などの諸費用がかかります。また住宅ローンが残っている場合には最終的に完済しなければなりません。
売却していくら手元に残るか。売却資金で住宅ローンを完済できるのか、もしくは自己資金が必要となるのか、資金のシミュレーションをします。

そして住みながら売却する場合は明け渡すタイミングも大変重要です。売れるまで住んでいられるのか、売れたらいつまでに引っ越さなければならないのかなど、全体的なスケジュールをイメージし価格以外の売却条件を設定します。


Step4 媒介契約(売却依頼)

売却価格や売却条件が決まったら、売却活動を依頼する「媒介契約」を締結します。


Step5 売却活動のスタート

いよいよ売却活動の開始です。

現地の写真撮影や物件の資料作成を作成の上、インターネット掲載をはじめとした各種販売活動をスタートします。

宅地建物取引業法では、不動産業者間ネットワークの「レインズ」に登録することが義務付けられており、媒介契約を交わした不動産業者のみならず、大手から中小、地元業者までありとあらゆる不動産会社が買手様を探していく仕組みとなっています。

【このようにインターネットに掲載されます】

▢ホームリンクのHP掲載の物件ページ:https://www.homelink-tokyo.com
▢ホームリンク運営サイト「板橋マンション.com」:https://itabashimansion.com
▢SUUMO掲載ページ:https://suumo.jp
▢LIFULL HOME’S掲載ページ:https://www.homes.co.jp


Step6 内見希望者の見学

内見希望者が現れましたら現地へお連れします。住みながら売却する場合は、お住まい中のご自宅にお邪魔します。
見学者としては、空家の方が気軽に内見ができますが、居住中の場合は住んでいる方へ直接話を聞けるというメリットもあります。
質問があった際には、住み心地や住環境などありのままをお伝えください。

また居住中の見学はどうしても遠慮しがちになるため、水廻りや収納内部などもよく見てもらえるようにしておくとよいでしょう。


Step7 購入申込み・売買契約の締結

内見購入希望者は「購入申込書」を提出します。
購入申込書には、価格交渉の有無の他、契約締結日、お引渡日、住宅ローンの利用状況などの契約条件が記載されています。

契約条件を取り纏めの上、売買契約の締結となります。


Step8 お引越し・引渡し準備

売買契約締結からお引渡日までの間に引渡し準備を行います。
荷物の片付け、お引越し、住宅ローン完済準備、住所変更など必要なお手続きを進めます。


Step9 お引渡し

売主様、買主様、司法書士、不動産会社が一堂に集まります。
買主様より売却残代金を受け取り、名義移転およびカギをその場で引き渡して売却完了です。