住宅ローンの審査結果に大きく影響する落とし穴



わずか残40万円程のローンで、

900万円もの住宅ローンの借入限度額が目減りするんです

 

現在、お住まい探しをしていて、ご返済中のお借入がある方にご参考になれば幸いです。
 

まずはじめに、住宅ローンの審査には借入限度額っていうのがあり、
いくらまで借り入れ可能か?各金融機関によってそれをはじき出す計算式があります。

あくまで金融機関によって計算式は異なりますが(※フラット35をご検討の方は計算額が大きく異なります)
一般的には年収400万円以上の場合、年収に対して35%を住宅ローンの返済に充てることが可能です。

例えば400万円×35%=140万円 年間140万円の返済額がMAXの限度額となります。
これを毎月に見直すと140万円÷12か月=11万6666円となり、約11万6千円ほど住宅ローンの返済に充てることができます。

そして限度額を計算するときの審査上の金利は一般的に4%。
いくら現在低金利であっても将来上がる可能性もあるので限度額の計算のときは4%の金利を当てはめます。

では、400万円の年収の方がいくらまで借入できるのか?
毎月11万6千円の返済額で、適用する金利は4%で、期間を35年とすれば、約2620万円の借入がMAXの限度額になります。

そしてここからが本題。
もし現在ローンを組んでいる方はここから注意してください。
住宅ローンの借入申込時、他の借入がある場合に、住宅ローンの借入額は大きく目減りします。

例えば車のローンを毎月4万円返済していて、残り10回の返済が残っているとします。
車のローンの残高は4万円×10回=40万円しか残っていません。

でも住宅ローンの限度額計算においては、毎月4万円の車の返済額が年収からの返済限度額にそのまま差し引かれます。

例えば先ほどの年収400万円の方の毎月の返済額は11万6千円でした。
そこに車のローン4万円がそのまま引かれることになり、11万6千-4万=7万6千円、
よって毎月7万6千円しか住宅ローンが組めなくなってしまいます。

これを金利4%で期間35年に当てはめると、約1720万円までしか住宅ローンを借入できなくなります。

本来、車のローンがなければ2620万円借入できる方が、わずか40万円の車のローンがあるために1720万円しか借入できなくなり、900万円も借入額が目減りします。

あくまで限度額いっぱいまで借入するのかどうか、ですがローンの有無で大きく借入限度額に影響します。

住宅購入の際は、できるだけご両親様など資金援助をお願いしてでも、他のローンは完済するのが好ましいでしょう。

今から住宅購入を考えていて、返済中のローンをお持ちの方は次のポイントを知っておいてください。

  POINT

住宅ローンの申し込みの際に、審査がOKになればローンを全額返済する、という条件にして申込する方法(完済条件)があります。あくまで融資承認が下りなければ完済する必要はありませんので、大きなリスクなく住宅ローンの借入の可否を確認することができます。